バーキンタ

バーキンタの特長

金属検出機で検出できる樹脂を利用し、食品、医薬品現場などで安心してご利用が可能

金属検出機で検出可能

試験条件
試験内容:バーキンタシリーズのテストピースが金属検出機に反応するかを確認
テストピース:樹脂片2mm角、φ0.35ブラシ50mm、φ0.6ブラシ25mm
試験機器:アンリツ製金属検出機(KD8113AW)
試験条件:ベルト速度:20m/min、 ベルト通過高さ:25mm、ベルト通過位置:センター
設定:SUS1.5、Fe0.7
協力:アンリツ産機システム株式会社様
塩水噴霧(サビの発生)試験

異物混入リスクを低減

食品衛生法に基づく試験に適合

試験結果
試験依頼先:一般財団法人日本食品分析センター
試験成績書発行年月日:平成26年4月24日
試験成績書発行番号:第14037221006-01号

試験項目 試験結果
材質試験 カドミウム
溶出試験 重金属
過マンガン酸カリウム消費量 適(0.5μg/ml以下)

食品、添加物等の規格基準(昭和34年厚生省告示第370号)の第3のDの2合成樹脂製の器具又は容器包装。
区分:使用温度、100℃以下

分析試験成績書ダウンロード(PDF)