食品工場内のスチールラックを簡単キレイに保つコツ!

食品工場内のスチールラックを簡単キレイに保つコツ!

備品や器具などの保管場所として、製造エリアでよく使われるスチールラック。よく見ると、残渣や汚れがこびり付いていませんか?特に、網目部分は清掃しにくい箇所ですので、細かい汚れが付いたまま放置されていることもあるかもしれません。今回は、スチールラックを簡単かつキレイに保つコツについてご紹介します。

≫ 無料ダウンロード 食品工場の衛生担当者が知っておきたいHACCP導入ガイド ≪

汚れを放置するとどうなるか

スチールラックの網目部分に付着した残渣や汚れを放置し、清掃を怠った場合、そこからカビが発生する恐れがあります。カビは虫が発生する要因であり、カビ自体も異物混入のリスクとなりますので、カビを発生させないよう、汚れを取りきらなければなりません。しかし、広範囲にわたってこびり付いた網目部分の汚れを取るには、手間が掛かってしまいます。ダスターや布巾を使って拭き掃除をしている工場もあるかと思いますが、汚れを落とすには時間が掛かるとともに、網目部分に布が引っ掛かって破れると、異物混入の要因にもなります。

簡単キレイに保つコツ!「PPボード」の活用

それでは、どのような方法で、スチールラックを簡単かつキレイに保つことができるのでしょうか。それは、スチールラックの各棚の上に「PPボード」を置き(写真1)、清掃する際は、スチールラックの網目部分ではなく、この「PPボード」を洗浄する方法です。網目部分に汚れがこびり付かないため、スチールラックから「PPボード」を取り外してブラシで洗浄するだけで、簡単に清潔さを保つことができます。

写真1:棚の上にPPボード

「PPボード」の洗浄にはバーテックのハンドスクラブブラシ

この「PPボード」を洗浄するには、当社のバーキュートプラス ハンドスクラブブラシをおすすめします(写真2)。このブラシにはくびれが付いており、さらには滑り止め効果のある設計をしているため、手にフィットして力が入りやすいようになっています。

写真2:当社のハンドスクラブブラシ

 

写真3:ハンドスクラブブラシでPPボードを洗浄

常に清潔な環境を整えると同時に、生産性を向上させるためには、どのような場所も清掃しやすくすることが重要です。スチールラックの清掃にお困りの場合は、ご紹介した方法を取り入れてみてはいかがでしょうか。

まとめ

今回は、食品工場でよく使われているスチールラックを、簡単かつキレイに保つ方法についてご紹介しました。清掃しにくい箇所をなくし、汚れを残さないことが、「食の安心・安全」に繋がります。徹底的な衛生管理を行う上で、ご参考いただければ幸いです。

ブラシの選定にお困りの場合は、当社の食品工場スマイルプロジェクトがおすすめです。食品工場スマイルプロジェクトでは、HACCPリーダー資格*をもつ清掃ブラシのプロが、お客様のご要望や問題点をお伺いします。現場に合った最適なブラシや、清掃道具の管理方法、防虫対策などをご提案することで、品質・生産性の向上に貢献します。さらには、現場の従業員様も含めたワークショップや勉強会も行い、従業員様の衛生意識や働きがいの向上にまでアプローチをすることで、食品工場で働く皆様が笑顔になるお手伝いをさせていただきます。

「食品工場スマイルプロジェクト」の詳細は、以下のページをご覧ください。

衛生管理・防虫対策を無料診断~食品工場スマイルプロジェクトのご紹介~

 

*HACCPリーダーとは
厚生省通知・平成9年2月3日 総合衛生管理製造過程の承認制度に係る「HACCPシステムについて相当程度の知識を持つと認められる者」のに準じた講習を受講し、HACCPからFSSCまで衛生管理のサポートができる資格です。

▼関連製品ページ

ハンドスクラブブラシ

▼関連ページ
HACCPとは? その概要とメリット等を解説

食品系工場の衛生管理担当者が知っておきたい

HACCP導入ガイド無料ダウンロード

HACCPってどのように導入していけばいいの?食品系工場の衛生管理担当者が知っておきたいHACCP導入に関するノウハウをご紹介します。

ダウンロードする

scroll