食品工場がHACCP製品認証を活用するメリットとは?

食品工場がHACCP製品認証を活用するメリットとは?

HACCP製品認証とは、HACCPの考え方に基づいて厳しい審査を受け、優れた対応能力があると認められた製品やサービスにのみ与えられます。食品工場がHACCP認証を取得した清掃道具を活用することにより、食の安全や品質・生産性の向上、さらには管理のしやすさなどにおいて、大きなメリットがあります。

しかし、HACCP製品認証をご存知ない、または、知識はあるが活用には至ってないという食品工場もあるかと思います。そこで今回は、HACCP製品認証の内容や活用することによるメリットについてご紹介します。

無料ダウンロード 食品工場の衛生担当者が知っておきたいHACCP導入ガイド

HACCP製品認証とは

HACCP製品認証は、HACCP International社が、食品工場で使用される機器や資材などの製品及び、清掃や防除などのサービスに対して、食品安全の規定に合致していることを認証する民間認証制度です。認証を取得した製品は、HACCP International認証マークを付けることができます。この認証マークは、食品安全の高い水準を示すマークとして世界に認知されています。

HACCP International認証マーク

 

HACCP International社について

HACCP International社は、オーストラリアに本社を置く国際認証機関です。欧州、アメリカ、アジア、日本を拠点とし、食品以外の機器、器具、材料やサービスなど「non-food」と呼ばれる領域の製品・サービスが、食品安全の見地から見て適切であるかどうかを審査、認証する活動を行っています。世界の様々な認証機関を認定するIAFメンバーであるJAZ-ANZ(Joint Accreditation System Australia New Zealand)から認証機関として認定を受けており(図1参照)、食品工場で使用される製品、サービスに至るまで幅広く認証を行っているのはHACCP International社のみです。

また、食品業界における世界最大の業界団体の一つであり、食品安全に関わる認証制度の格付けを行っているGFSI(Global Food Safety Initiative)メンバーでもあります。

図1:HACCP International社の位置づけ

HACCP製品認証では何が評価されるのか?

HACCP 製品認証では、材料と仕様、毒性、汚染のリスク、清掃のしやすさなど、製品そのものの特性だけでなく、ラベル表示や梱包、取扱説明書などに至るまで、幅広い観点から審査が行われます。(図2)

図2:HACCP International社が評価する領域

特に、製品自体の汚染リスクや清掃のしやすさについては厳しく評価されます。HACCPの考え方に基づいて製品の審査が行われるため、本認証の取得は食の安全に対して優れた対応能力があることを証明しています。

HACCP認証を取得した製品を使用するメリット

これまでをまとめると、厳しい審査を経てHACCP認証を取得した製品とは、汚染リスクや安全性、清掃のしやすさなどについて評価された製品であるといえます。

したがって、HACCP認証を取得した製品を使用することにより、以下のメリットが挙げられます。

●異物混入のリスクが減少し、それに伴ってクレームも減少する。

●製品由来の汚染リスク減少につながる。

●清掃のしやすさにより、洗浄の時間短縮につながる。

●HACCPに基づく危害管理において、認証製品を使用していること自体がその対応策となるため、危害対策にかかる負担が軽減する。

●清掃道具の選定において、明確な選定基準がない場合、担当者が独自判断で選定しなければならないが、HACCP認証を取得していることを条件にすることにより、選定の負担が軽減し、生産性が向上する。等

このように、HACCP認証を取得した製品を使用することにより、様々なメリットがあります。認証を取得した製品は、食品の安全や清掃道具の管理のしやすさ、生産性の向上などに大きな役割を果たします。

食品工場用ブラシ初!HACCP認証を取得したバーテック製品

当社では、食品工場用ブラシ業界で初めて製品認証を取得しました。取得製品は、衛生管理用ブラシである「バーキュートプラスシリーズ」「バーキンタシリーズ(金属検出機対応シリーズ)」及び、「防虫対策用ブラシシリーズ」です(一部製品を除く*)。

 


HACCP制度化によって厳しい品質管理が求められる食品工場において、食品安全と品質維持に寄与する安心してご使用いただけるブラシを開発しています。

当社以外に日本のマーケットでHACCP製品認証を取得している企業としては、3M社、ホシザキ株式会社、クラレクラフレックス株式会社などがあります。

まとめ

今回は、HACCP製品認証の内容と食品工場が認証を活用するメリットについてご紹介しました。今後さらにHACCP認証が日本の食品工場全体に浸透し、清掃道具の選定において、HACCP認証を取得していることが清掃道具の選定基準になる時代が来ると予想されます。

当社では、HACCP製品認証を取得したブラシを食品工場の課題に合わせてご提案することにより、高い衛生管理の実現に貢献したいと考えています。

衛生意識が高まっているこの機会に、一度清掃道具を見直してみませんか?

 

▼関連リンクはこちら
HACCP International社 ホームページ

▼関連ページはこちら
バーテック広報誌「てくてく通信Vol.10」
対談企画『株式会社フーズデザイン 加藤光夫先生 × 株式会社バーテック 末松仁彦』

バーテック広報誌「てくてく通信Vol.11」
対談企画『HACCP International社 Martin Stone氏 × 株式会社バーテック 末松仁彦』

▼カタログダウンロードはこちら
「バーキュートプラスカタログ」「バーキンタシリーズカタログ」
「防虫対策用ブラシカタログ」

認証取得外の製品について、詳しくはお問合せください。
お問合せ:株式会社バーテック カスタマーサポートチーム

食品系工場の衛生管理担当者が知っておきたい

HACCP導入ガイド無料ダウンロード

HACCPってどのように導入していけばいいの?食品系工場の衛生管理担当者が知っておきたいHACCP導入に関するノウハウをご紹介します。

ダウンロードする

scroll