ネズミ対策には、隙間埋めが最も有効だった!~ネズミ対策の権威コリガン博士が語る~

ネズミ対策には、隙間埋めが最も有効だった!~ネズミ対策の権威コリガン博士が語る~

食品工場内へねずみが侵入すると甚大な被害をもたらします。日本でもアメリカでもネズミ対策は大きな課題ですが、特にニューヨークの歴史はネズミとの戦いの歴史と言われるほど、ネズミと人の攻防戦が繰り広げられてきました。被害が甚大なだけに、ネズミ研究では日本を大きくリードするアメリカ。そこでバーテックは、ネズミ対策の権威であるロバート・コリガン博士にインタビューを行い、貴重な知見をお話しいただきました。

ネズミ対策の現状とネズミの侵入口

ロバート・コリガン博士は、30年以上にわたり、都市の害虫管理に関するコンサルティングをなっており、160以上の記事を発表されているネズミ対策のレジェンドです。今回はまずコリガン博士にネズミ被害及び対策の実態についてインタビューしました。
コリガン博士:「とても興味深いことに、過去10年間、都市部のネズミは非常に急増しており、収まる兆しがみえません。ネズミは、家の中に深刻な病気をもたらします。しかし、我々防除業者は、ここ100年間ネズミに対して毒餌をまくことしかしてきませんでした。そのような単純な方法だけではうまくいきません。」。さらにコリガン博士は、ネズミの侵入口として以下の三点を挙げます。

1. 穴
2. 隙間
3. 密閉不良個所

コリガン博士:「家における配管、配電盤など、壁を通り抜けて適切に密閉されていないものはすべて、ネズミの侵入経路となります。
隙間や穴の場合、10セント硬貨のサイズ(直径約18mm)を超えるとマウス(小型のハツカネズミ)が入ることができます。直径約24mm(500円玉くらいの大きさ)を超えるとネズミ(大型のドブネズミ)が入ることができます。ドアの隙間から光が漏れているのを見つけたら、ネズミはそこから簡単に侵入することができます」。

アメリカにおけるドアの隙間問題

次にコリガン博士に、ドアがネズミに対して適切な対策がされていない場合に起きる問題に関してインタビューしました。
コリガン博士:「ネズミはドアから侵入することができます。なぜなら、一般的な家やレストランの正面玄関のドアの下部には必ず隙間があるからです。一見閉じているように見えるドアでも、ネズミにとっては開いているドア同様、簡単に侵入することができます。
さらに、ドアにはさまざまな形やサイズがあります。例えば商業施設やオフィス、ホテルには両開きのドアがあります。このタイプのドアは、ドア下部を正しく密閉しても、両開き扉の合わさる部分に隙間ができます。この隙間を埋めることができる対策方法はアメリカにはありません。そのため、ねずみにとって両開き扉の合わさる部分の隙間が、最も多い侵入経路ではないかと私は考えます。」

IPMによるネズミ対策の重要性

1. でアメリカでは長年ネズミに対して毒餌をまくことを中心とした対策が取られていましたが、本来はIPM による対策が最も効果が高いです。このIPMの対策の有効性について、コリガン博士に最後に語っていただきました。(IPMとは総合的防除対策。隙間埋めや清掃などの、様々な対策を組み合わせ、薬剤の使用は最小限とするような対策。
詳しくは当社コンテンツ「HACCP実装に不可欠な総合的有害生物管理(IPM)の必要性と実施方法」をご参考にしてください。)

コリガン博士:「IPMがとてもシンプルで簡単に効果が出る害虫駆除方法です。なぜなら、すべての良いものを組み合わせているからです。最初にネズミの侵入口を調査します。すべてのドアが正しく密閉されていることを確認します。密閉されていない場合は隙間を埋めることで密閉します。
その次に、スナップトラップ 、ネズミ捕獲器、粘着トラップといった非科学的ツールを使用します。
最後の手段が毒餌を用いてネズミを殺すことです。しかし、毒餌を用いる手段は短期的な対処療法であり、根本的な解決策ではありません。最も効果的なのは、ネズミを建物から遠ざけることです。ネズミを建物から締め出すという対策の初期段階からなぜ毒餌を毎月のようにまき続けるのでしょうか。」

ネズミ対策としての隙間埋め

コリガン博士に、アメリカのネズミ対策の現状について語っていただきました。ここからわかることは、以下の二点にまとめることができます。
① ネズミの侵入経路は穴、隙間、密閉不良個所の三つにまとめられ、そのなかでもドアの隙間からの侵入については、侵入口としてネズミに最も利用されるもの。
② アメリカでは長年毒餌をまくだけの対策が取られていた。しかし、本来は調査の上適切な隙間埋めを行い、ネズミの侵入防止を行うことが重要。

このように、ネズミ対策の上で最も大切なのが、ネズミを建物内部に入れさせないことです。そのためバーテックはアメリカ向けにドア用隙間対策製品であるラットシールドを開発し、非常に売れ行きが好調です。ステンレス製であることから、かじられる心配もなくネズミの、ドアからの侵入を確実に防ぐことができます。ネズミ対策にてお困りの場合は、是非ともまずは隙間を適切に埋めることをご検討いただくことをお勧めします。その中で当社製品が少しでもお役に立てば幸いです。

製品情報はこちら
ラットシールドについて

 

工場や店舗を有害生物から守る

「ペストコントロール」に必要な防虫ブラシガイド

無料ダウンロード

このホワイトペーパーでは、ペストコントロールの概要から防虫ブラシの効果、種類などについて解説します。

ダウンロードする

scroll