MESSAGEブランドメッセージ

作業者の意識を変え、安全性と利益を高めるブラシ
私たちバーテックは、「ブラシで世界を変えよう」というブランドビジョンを掲げました。
これは弊社が提供するブラシにより、現場で起こっている問題を解決するだけでなく、
お客様一人ひとりの働きがいの向上を図り、 ビジョンを実現し、
さらに社会問題や環境問題の解決にまで貢献していきたいという想いを込めています。

バーテックの取り組み

製造業において労働人口の減少が社会的な問題になっています。
また、外国人労働者の増加に伴い、工具の正しい使い方など労働安全に対する指導が課題となっております。製造業にとって「安全性・生産性の向上」は、会社の将来を左右する最重要項目です。
しかし製造現場で使用される パワーブラシは、日本では安全規格がありません。

弊社では、安心・安全なパワーブラシをご使用いただくために、米国の国家規格(ANSI)の試験に則り、製品に表示された最高回転数を確認する破壊試験を実施した商品をご提供しております。
耐久性や作業効率の高いパワーブラシを選択することは、生産性と業績の向上につながります。

人手不足対策の根本は職場の魅力を高めていくことであり、製造業にとって安全な職場は働きやすい会社の絶対条件です。
バーテックは、安全な現場づくりと、生産性の向上を通じ、日本のものづくり に貢献します。

1. 安全にこだわる

米国の安全規格「ANSI」に準拠、高水準な試験・テスト

単に製品をお届けして終わりではなく、バーテックでは、ブラシを通していかにお客様に笑顔をお届けできるかということに力を注いでいます。その取り組みのひとつが、HACCPリーダーの資格※を持つ担当者がお客様と共に現場の課題解決に取り組む「食品工場スマイルプロジェクト」。

現場に合わせた最適なブラシの選択や使い方のご提案をはじめ、「働きがいのある会社」ベストカンパニーに選出された自社の経験を活かし、働く環境の向上にもつながる活動を展開しています。たとえば、現場での衛生管理や整理整頓への意識が高まったことで生産性も高まり時間外勤務の短縮につながるなど、笑顔の輪が各地に広がりはじめています。

常に現場を大切にしてきたバーテック。各地の食品工場の皆様と取り組みを重ね、笑顔が広がっています。

安全講習会や安全DVDによる啓蒙活動

ブラシは、ひとつ使い方を誤れば重大な労働災害につながりかねない製品です。バーテックは厳格な品質管理によって安全性を担保するだけでなく、安全への意識向上に向けた情報発信にも力を注いできました。

安全講習会を開いてユーザーの皆様に直接、ブラシを正しくお使いいただくためのノウハウをお伝えしたり、国内のブラシメーカーで唯一、安全DVDを制作してお配りしたり。あらゆる現場で安全・安心にブラシをご利用いただくために、ユーザー様の意識改革のための取り組みを続けています。

2. 品質にこだわる

ワイラー社(米国)の高品質なブラシを日本へ

日本にも、より品質の高いブラシを根づかせたい。そんな想いで世界に目を向けた私たちが出会ったのは、米国最大の産業用ブラシメーカー、ワイラー社でした。同社が生み出すブラシは、安全性や堅牢性、長寿命性、高バランス性能を兼ね備えた、世界最高峰のパワーブラシです。

私たちはこのワイラー社と技術提携を結ぶことで、高品質なパワーブラシの取り扱いを拡充させてきました。さらに、より安価で性能の良いブラシの開拓・開発にも取り組み、価格レンジとしても層の厚いラインナップを築き上げています。

ブラシの規格化に挑み、品質と選びやすさを両立へ

テクニカルブラシにおいては、業界の通例として、特注販売・オーダーメイドが当たり前だと考えられてきました。しかし納期や仕様の打ち合わせなどミスコミュニケーションからなる設計ミス、さらにはつくり直しなど、さまざまな課題・トラブルがつきものでした。

そんな業界の常識を変えるべく、バーテックはテクニカルブラシの「規格化」に挑んできました。均一な品質基準にもとづいて製造されたオリジナルブラシを幅広くラインナップし、いつでも必要なときにカタログから選んでいただける仕組みをつくることで、より確実な購買体験をお届けしようとしています。

3. 課題解決にこだわる

ブラシメーカーとして唯一、バリ取り学会に所属

バリ取りひとつで、発火事故や大量のリコールにつながることもあります。私たちはブラシによるバリ取り・表面加工仕上げの品質向上に資するために、ブラシメーカーとしては唯一、バリ取り学会(公益社団法人 砥粒加工学会 バリ取り加工・研磨布紙加工技術専門委員会「BEST-JAPAN研究会」)に参加しています。

そこで培われた学術的な知見や加工ノウハウ、ブラシの扱い方に関する体系的な知識を、講習会などを通じてユーザー様にお伝えし、業界全体の底上げに努めています。

新たな用途の開拓、ソリューションの開発に挑み続ける

バーテックという社名には、「バー:Burr(厄介な問題)をテック:Technology(技術)で解決する、ソリューションカンパニーを目指す」という意味が込められています。日本における産業用ブラシの歴史は、欧米に比べるとまだ日が浅く、現在までに一般化しているブラシの用途も、開発の余地はまだまだ広がっています。

現場にお悩みを抱えるお客様がいる限り、バーテックはこれからも、高品質・高付加価値のブラシをお届けするとともに、新たな用途開拓、ソリューションの開発に挑み続けます。