製品情報

ロールブラシの材質・ご選択ガイド

スタンダードから金属検出機反応まで豊富なラインナップ

スタンダードタイプ材質:ポリプロピレン(PP)

  • 使用耐熱温度80℃以下のスタンダードタイプ。
  • 酸・アルカリにほとんど影響を受けない。
  • ナイロンより硬く、腰が強い。

耐熱タイプ材質:ポリブチレンテレフタレート(PBT)

  • 使用耐熱温度130℃以下
  • 濃塩酸・硫酸・硝酸にほとんど影響を受けない。
  • ポリプロピレンより硬く、耐摩耗性に優れている。

金属検出機反応タイプ「BURR-KINTA®(バーキンタ)」材質:ポリブチレンテレフタレート(PBT)/鉄成分

  • 金属検出機反応素材を使用
  • 食品/医薬品製造での異物混入リスクを低減します。
金属検出機 検出感度試験

バーキンタが金属片として検出されました。

試験方法:バーキンタシリーズのテストピースが金属検出機に反応するかを確認。

(協力:アリンツ産機システム株式会社様(設定 : SUS1.5、Fe0.7))

塩水噴霧(サビの発生)試験

塩水噴霧試験機で96時間経過後のバーキンタシリーズの外観を確認した結果、顕著な変化は認められませんでした。

試験方法:96時間噴霧後、約1時間乾燥した後、目視により外観を観察

食品衛生法に適合

食品製造施設や食品機械などにご利用いただけます。

ご使用されている金属検出機の設定、製造される食品の種類・形状等により検出可能な樹脂片の大きさが異なります。事前に実際の使用環境でご確認いただくためのテストピース(毛材)をご用意しておりますので、ご希望のお客様はカットサンプル請求フォームよりご請求ください。

帯電防止タイプ材質:馬毛

  • 帯電率が少ないため静電気の発生を抑えられます。
  • 毛腰が柔らかくデリケートなワークに適しています。
馬毛は天然毛のためご使用中に切れ毛が発生する場合があります。特性をご理解の上、ご使用下さい。

食品衛生法に適合

ブラシフィラメントは食品衛生法の食品、添加物等の規格基準(昭和34年厚生省告示第370号)の第3のDの2合成樹脂製の器具又は容器包装に適合しています。

対象材質:スタンダードタイプ、耐熱タイプ、金属検出機反応タイプ

試験結果【スタンダードタイプ】

試験依頼先:一般財団法人日本食品分析センター

試験成績書発行年月日:平成26年4月24日

試験成績書発行番号:第14037221017-01号

試験項目 試験結果
【材質試験】カドミウム
【材質試験】鉛
【溶出試験】重金属
【溶出試験】過マンガン酸カリウム消費量 適(0.5μg/ml以下)
【溶出試験】アンチモン
【溶出試験】ゲルマニウム
【溶出試験】蒸発残留物(ヘプタン) 適(5μg/ml以下)
【溶出試験】蒸発残留物(20%エタノール) 適(5μg/ml以下)
【溶出試験】蒸発残留物(水) 適(5μg/ml以下)
【溶出試験】蒸発残留物(4%酢酸) 適(5μg/ml以下)

区分:使用温度、100℃以下

●耐熱タイプ、金属検出機反応タイプの試験結果につきましては、弊社までお問い合わせください。

Page top