導入事例

金属加工業株式会社たつみ 様

たつみ

バーテックのケアシステムブラシに換えたところ
「キズの予防」だけでなく、「作業スピードが2倍」になりました。

株式会社たつみ 谷雄人氏(中央)、弊社代表取締役社長 末松仁彦(右)、関東事業所営業部 立壁和也(左)

千葉県市川市で金属加工業を営む株式会社たつみでは、加工中の製品にキズが入るのを防ぐためにバーテックのケアシステムブラシを活用しています。導入前の課題や選定理由、そして導入後の効果について、谷雄人様に詳しくお話を伺いました。

所在地:千葉県市川市田尻1-5-17
Webサイト:http://www.tatsumi-chiba.co.jp/

株式会社たつみの事業内容

Q)株式会社たつみの事業内容を教えてください。

A)バラバラに発注していた金属加工を一本にまとめられます。切削・研磨・プレス・溶接などを別々の会社に発注すると、手間やコストだけでなく、時間もかかってしまうため、ユーザー様への納期も長くなってしまいます。それを当社では一括して承っています。マシニングから旋盤、溶接機械や職人を揃えることで、ワンストップで対応できる体制を構築しています。

もちろん、小ロットやオーダーメイド、短納期などにも柔軟に対応しています。特に短納期の依頼は多く、当社へ発注いただく8割は、3日以内の納品です。ワンストップで高い品質を提供するだけでなく、加工スピードにも力を入れています。おかげさまで、近年は日本全国のお客様からご注文をいただけるようになって参りました。

外観写真

株式会社たつみ 本社(千葉県市川市)

株式会社たつみで使用しているバーテックのブラシ

Q)株式会社たつみで使用している、バーテックの製品を教えて下さい。

A)当社では、バーテックの「ケアシステムブラシ」を使用しています。本社工場(千葉県市川市)と船橋工場の2ヶ所で使用しているレーザー加工機で鋼板の切断後にでる「バリ」を取り除く際にこのブラシは活躍しています。

*バリ…材料を切ったり削ったりした際に加工面に生ずる不要な出っ張りのこと。

ケアシステムブラシ 高密度タイプ

導入効果:キズ予防だけでなく、二次的効果も得られた

Q)バーテックのケアシステムブラシを導入して、どのような効果が表れましたか?

A)大きく分けて、次の3つの効果がありました。

効果1: キズの予防ができた
効果2: 作業スピードが2倍になった
効果3: 従業員の作業ストレスが軽減できた

課題:「面」で支えるダンボールでは、製品にキズがついてしまう

Q)導入前、どのような課題があったのですか?

A)加工後の製品にキズがついてしまうことがありました。キズがつくことで不良品と判断され、やり直しを指示されたことも何度もありました。

当社では、鉄やアルミ、ステンレスといった材料を切断、曲げ、溶接といった加工をしていますが、主に切断後のバリ取り時にワークの表面にキズがついてしまうことがありました。

ケアシステムブラシを導入するまでは、バリ取り時にダンボールで養生して作業をしていましたが、キズの予防にはなっていませんでした。また、従業員もキズをつけてはいけないと意識することで、作業スピードは落ちていました。

前述のとおり、当社へのオーダ-の8割は急ぎの注文です。生産性を考慮すると加工スピードはとても大切です。早く加工しなければならないが、キズをつけてはいけないということで、自然と作業者の中に、ストレスが溜まっていきました。

切削粉によってキズがついてしまう

Q)いつ頃からダンボールで養生していたのですか?

A)正確には把握していませんが、私が入社した4年前からは、すでにダンボールを敷いて作業をしていました。しかし、ダンボールを敷いてもキズが発生するリスクは減りませんし、そもそも手間がかかる作業だったのです。

Q)どのようなことが手間だったのですか?

A)ダンボールは紙製ですから、次のようなことが手間でした。

1. 2回から3回毎に交換

作業量にもよりますが、ほとんどの場合2,3回使えば、バリ取り後の切削粉がダンボールの上に散らばり、ワークの表面にその切削粉が付着することでキズが入ります。そのため、キズ予防をするためにも、頻繁に交換しなければなりませんでした。

2. 交換のたびに、ダンボールの固定が必要

作業台とダンボールを固定しなければ、バリ取り時の揺れにより、キレイにバリを取りができません。最悪の場合、ワークを削りすぎる可能性もあります。そのため、交換のたびにガムテープで固定しなければなりませんでした。

3. ダンボールを手に入れるのも面倒

当初はダンボールを購入していましたが、コストもかかるということで、近くのスーパーから貰ってくるようになりました。しかし、作業の度に段ボールを調達することは、時間もかかるので効率的ではありませんでした。

ダンボール以外にも四角形の組み合わせるタイルカーペットを敷いたこともありましたが、切削粉との摩擦によってキズが生じるので根本的に解消されません。そこで、ブラシ状の製品を探しました。

ケアシステムでの作業

段ボールでの作業

選定条件:「点」で支えられるブラシ状の保護材

Q)なぜ、ダンボールの替りとして、ブラシを選んだのですか?

A)理由は2つあります。

ひとつは、「点」で支えたいと思ったからです。
「面」で支えるダンボールと違い、「点」で支えるブラシであれば、ワークを浮かせて支持するため、バリ取り後に発生する切削粉やゴミ粒がブラシの間に落ち、接触や摩擦をできるだけ減らせると考えたのです。

もうひとつは、レーザー加工機本体にブラシ状の保護材が付いていたことです。
以前展示会でワークの保護材としてブラシが備え付けられているところを見たことがありました。その時に、ブラシはワークを保護することにも使えるのだとひらめきました。ただ、そのブラシをどこで購入することができるのか分からなかったのです。

そこで、ブラシ状の保護材が買えるところを、カタログやインターネットで探しました。しかし、ブラシで検索しても「たわし」や「デッキブラシ」などホームセンターで販売しているような一般的なブラシしか検索されませんでした。「たわし」では全面に毛が植毛されているため、固定することができません。「デッキブラシ」は、柄があるためこちらも使用できません。結局、何年間も探し続けていました。

そんな時、バーテックのホームページにたどり着いたのです。種類もいろいろとあり、ここなら解決できるかもしれないと思い、すぐに問い合わせの電話をしました。

問い合わせ翌日、営業マンがサンプル持参でやって来た

Q)バーテックの対応は、いかがでしたか?

A)良かったですよね。「実物が見たい」と言ったところ、電話口の方が、「担当地域の営業マンから連絡させます」といわれ、実際その日のうちに連絡が来て相談に乗って頂けました。困っていた内容とおおよその希望を伝え、サンプルを持ってきてほしいと依頼しました。すると、翌日にいくつかのサンプルを選定して持ってきてくれたのです。これには、驚きました。

Q)なぜ驚いたのですか?

A)翌日にサンプル持参で訪問してくれるとは思っていなかったからです。数年間も悩んでいたことなので、特別に急いでいるわけではありませんでしたが、すぐに対応して頂けて問題が早く解決したことは大満足です。詳しく聞いてみるとバーテックでは、規格品のブラシを在庫しているので、サンプルを実際に触れることができる。私たち購入者としては、すぐに問題解決に向けてテストできるので非常に便利です。

Q)サンプルをご覧になった印象は?

A)サンプルとはいえ実物ですから、手にとって強度や感触を感じることができました。また、実際に数種類のブラシをお借りして作業台に乗せて、試しに使わせてもらいました。

使ってみた結果、これまで使っていたダンボールやタイルカーペットとはまったく違う印象でした。
まず、切削粉がブラシの下に落ちるので、キズや汚れがほとんど付きませんでした。この点については、問題はありませんでした。しかし、心配事としては当社で扱う製品は大きくて重い製品もあります。扱っているアルミやステンレスのワークによっては、大きさ約1524mm×3048mm(5×10 ゴットウ)、重さ約100kgです。その大きさと重さに耐えられなければなりません。その点に関してもバーテックのブラシは、問題ありませんでした。

ケアシステムブラシを選んだ3つの理由

Q)ケアシステムブラシの最適な仕様をどのように選びましたか?

A)選ぶ基準は、ブラシの長さ(毛丈)と、ブラシ毛材の直径(線径)とのアドバイスをもらいましたので、これまでの経験とサンプルを使った感触をもとに相談しました。サンプルを持ってきてくれたおかげで、すぐに選ぶことができました。

Q)最終的にケアシステムブラシを選んだ理由を教えてください。

A)次の3点が選んだ理由です。

1.加工後の製品と切削粉の接触が、極めて少ない

植え込まれたブラシとの間に切削粉が落ちるので、表面に与えるキズを防ぐことが可能になる。

2.作業台の上でも、揺れない

ダンボールと違い固定できるので、バリ取り時の揺れも心配要りません。

3.不要時は移動できる

移動が可能なので、不要時には棚に収納。作業台を広く使うことができます。

実は少しだけ当社でカスタマイズしました。底面部をアルミで補強しました。これによりさらに安定し、重さで揺れなくなりました。しかも、不要時には作業台から下ろすことができる。まさに探していたイメージそのものになりました。

アルミで補強したケアシステムブラシ(奥)

ケアシステムブラシへの評価

Q)ケアシステムブラシの評価を教えてください。

解決を期待していた「効果1:キズ予防」には、とても満足しています。キズが予防できたことにより、不良品率も大幅に減りました。

また、導入したからこそ分かった効果もあります。それが「効果2:作業スピードが2倍」と「効果3:作業ストレスの軽減」です。
とくに、作業スピードの向上は、生産性を上げることに繋がりました。スピードが2倍になったことで、削減できた時間を他の作業に充てることができるようになりました。また、作業をする従業員も揺れやすりキズに気を使うことなくバリ取り作業に集中できますので、正確なバリ取りをスピーディーにできるようになりました。

今後、バーテックに期待すること

Q)バーテックへの今後の期待があればお聞かせください。

A)当社が扱っているのは金属全般ですが、おそらくこのケアシステムブラシは、金属加工に限らないと思います。様々な会社の問題解決に貢献できるようにもっとたくさん宣伝して欲しいですね。実際、私もケアシステムブラシに出会うまで時間がかかりました。もっと認知度があれば、何年間も探し続けることもなかったかもしれませんし。今回の導入事例がきっかけで別の現場でも問題解決に繋がるきっかけになれば嬉しいと思います。

また、バーテックの製品は種類が多いので、他業種で解決した好例も豊富にお持ちのことと思います。そういった異業種での成功事例もどんどん教えてもらえると、参考になることも多いと思います。今後もバーテックには、そのような提案やサポートを期待していますので、これからもどうぞよろしくお願いします。

お忙しい中、ありがとうございました。

取材日時 2014年11月
取材・執筆 カスタマワイズ

Page top