導入事例

海藻・椎茸・穀物等の原料及び加工製品の製造・販売日高食品工業株式会社 様

日高食品工業

「バーテックのフロアデッキブラシを導入し、
床の汚れ除去の作業時間を10分の1に短縮できました」

※工場内ではありますが、撮影のためマスクを外しております。
日高食品工業株式会社 製造部製造1課 福岡正幸課長(左)、弊社営業部 衣笠麻柚(右)

兵庫県姫路市で昆布・若布・ひじき等の海藻、椎茸、穀物等の加工製品の企画・製造を行っている日高食品工業株式会社では、工場内の床清掃において、バーテックの商品を使

所在地:兵庫県姫路市花田町勅旨30番地の1
創業:1924年(大正13年)
代表取締役社長:河崎廣信
売上高:約11億円(平成25年度8月末)
従業員数:63名(平成25年11月末)
Webサイト:
http://www.hidaka.yh.shopserve.jp/

日高食品工業株式会社は、昆布や若布を原料とする食品の企画・製造を行い、産地の厳選、豊富なラインアップでこだわりの商品を販売しています。
原料の保管、製造工程、在庫管理はHACCPに基づいた衛生管理を徹底し、全国のスーパーや専門店、オンラインショップでの直販など、全国の消費者に安心・安全な商品を提供しています。

外観写真

日高食品工業株式会社の主な業態

Q)日高食品工業株式会社の主な業態を教えてください。

ぜいたくとろろ 150g

北海道道南産 かごめ昆布の根昆布

A)日高食品工業株式会社の主な業態は昆布・若布等を原料とした加工製品の企画・製造および販売です。北海道など厳選した産地の原料を加工し、食品問屋を通じて全国のスーパー、専門店に販売しています。
昆布を薄くスライスして製造するとろろ昆布の販売が好調で、健康食品として、またダイエット食品としてテレビで取り上げられる度に注文が増加し、生産が追いつかなくなるほどです。
また、消費者向け販売のオンラインショップも展開しており、レシピ登録サイト「クックパッド」で商品を使用したレシピを紹介するなど、乾物・乾燥食品の普及にも貢献しています。
日高食品工業株式会社では、安心・安全な商品を消費者に届けるため、平成19年9月の新社屋・新工場設立を機に、衛生管理の徹底を図り、平成20年の4月に「大日本水産会HACCP」を取得しました。製造・加工工程のあらゆる段階での危害要因の分析、除去ができる工程の常時管理、記録を徹底しています。
大日本水産会HACCPの認定工場は全国でも189工場(2015年1月現在)のみとなっており、業界内でも衛生管理に注力している工場としての評価を受けています。

原料の管理、製造工程など、HACCPに基づく衛生管理を徹底している

日高食品工業株式会社で使用している衛生管理用ほうき、フロアデッキブラシ

Q)日高食品工業株式会社で使用しているバーテックの衛生管理用ほうき、フロアデッキブラシについて教えてください。

A)工場内の床の清掃に衛生管理用ほうきとフロアデッキブラシを使っています。

(左)衛生管理用ほうき( 右)フロアデッキブラシ

●衛生管理用ほうき ソフトタイプ
工場内の床清掃に使用しています。とろろ昆布の製造は、昆布原料の酢漬け、裁断、調味、プレスの工程を経て、切削機で薄くスライスしていきます。この工程でとろろの削りかすが床に落ちてしまいます。衛生管理用ほうきで毎日、午前と午後の2回、削りかすを掃き集め塵取りで取って廃棄しています。

●フロアデッキブラシ
衛生管理用ほうき同様、工場内の床清掃に使用しています。ほうきは主に機械の下の削りかすの清掃に使用しますが、フロアデッキブラシは加工場の出入り口付近や隅の床に付着している昆布の削りかすを除去するために使用しています。とくに出入り口付近では削りかすがたまりやすいうえ、裁断場の粉が人の出入りによって運ばれてきて塵と混ざり、さらに踏み固められてしまいます。
当社の商品はとろろ昆布をはじめ、乾物、乾燥食品がメインですので工場内の水気は厳禁です。そのため水を使用した清掃ができません。毎日終業時に、削りかす、塵の汚れにアルコールを噴霧した後、フロアデッキブラシでこすって除去、仕上げにモップで掃くという作業を行っています。

バーテック商品の導入前の課題

Q)衛生管理用ほうき、フロアデッキブラシ導入前の課題についてお聞かせください。

A)バーテックの衛生管理用ほうきを導入する前は、製造工程で床に落ちる削りかすの清掃を市販のほうきで行っていましたが、耐久性が悪いため、使用して1か月ほどでほうきの毛先が開いてしまい、その度に買い替える必要がありました。毛先の開いたほうきでは清掃の効果がありませんし、何より見た目が良くありません。取引先のバイヤーや品質管理の担当者が工場に視察に来た際に、毛先が開いたほうきでは衛生管理の面で不信感を与えてしまいます。

とろろ昆布製造工程。切削する工程で昆布の削りかすが床に落ちてしまう

また、フロアデッキブラシの導入前は、床に付着した昆布の削りかす、塵の除去に時間がかかり過ぎていました。当初は手拭き、その後はモップを使用して除去していましたが、かなり力を加えないと除去できないうえ、この作業だけで少なくとも30分はかかっていました。毎日30分程度の作業でも、1か月、1年と積み重なると相当なものになります。常に改善したいと考えていました。
販売店からはポリッシャー型床洗浄機も提案されましたが、導入コストが高いこともあり導入にはいたりませんでした。

加工場の出入り口付近の床には昆布の削りかす、塵が付着してしまう

Q)フロアデッキブラシの導入で、どれほどの業務改善につながったのでしょうか。

A)30分の除去作業が、およそ3分で済むようになり、時間にして10分の1にまで短縮することができました。
作業時間の短縮だけではなく、除去効果が高くなったため、モップで作業した時に比べてそれほど力を入れなくても削りかす、塵の除去ができるようになりました。

バーテックの衛生管理用ほうき、フロアデッキブラシの評価

Q)衛生管理用ほうき、フロアデッキブラシの評価についてお聞かせください。

A)●衛生管理用ほうき ソフトタイプ
昨年の9月、まずは購入して使用することにしました。すると、現場で清掃を担当しているパートの方が「このほうき、とても使いやすい」と言ってきました。軽量設計のうえ、毛もちょうど良い長さのため機械の下の隙間も掃きやすいとの評価でした。こちらからヒアリングする前のレスポンスだったので、これは本当に使いやすいに違いないと思い、すぐに追加購入しました。
バーテックの衛生管理用ほうきはブラシの色が赤色と青色の2色がありますので、それぞれライン別に使用しています。2色ともはっきりとした色なので、万が一ブラシの毛が抜けた際も昆布の黒色と見分けがつき安心です。(※現在は白色・緑色・黄色も発売中)
異物混入の危害を防ぐというHACCPの観点から見ても導入に最適な商品だと思います。

「導入したバーテックの商品は異物混入の危害を防ぐというHACCPの観点からも最適でした」と福岡氏

また、現在半年間使用しても、市販のほうきのように毛先が開くこともなく、耐久性に優れていると実感しています。交換時期が来ても、バーテックの衛生管理用ほうきはヘッド部分だけの交換が可能なのでコストメリットもあります。

●フロアデッキブラシ
前述のとおり、床に付着した削りかす、塵の除去作業の時間を10分の1にまで短縮できました。
衛生管理用ほうき同様、ヘッド部分のブラシが交換でき経済的です。また、はっきりとした赤色のブラシなので、HACCPの観点から見ても導入に最適な商品なので安心して使用できます。
付着した削りかす、塵の除去作業は主に私が担当しています。アルコール噴霧の後にモップだけで作業していた時と比較して、それほど力を入れなくても除去できるから助かっています。昨年の9月から2本を使用していますが、半年使用した現在もブラシの毛の抜けやヘッド部のがたつきがなく耐久性に優れていると実感しています。

床に付着した削りかす、塵の除去作業の時間は10分の1にまで短縮

バーテックを知った経緯

Q)バーテックのことをどのようにして知ったのですか。

A)以前、販売店の方からバーテックの「ほうきキャンペーン」のことを聞いて、清掃用のブラシやほうきを扱っている会社という認識はありました。
昨年の9月、バーテックの衣笠さんが販売店の方と同行して来られた際に、工場内の床清掃に関する問題点を相談しました。そこで衛生管理用ほうきとフロアデッキブラシを提案してもらい、これは作業時間が短縮できて良さそうだと感じて導入を決めました。
また、上記商品と併せて歯ブラシ型ブラシも導入しました。小型のブラシなので機械の細かい部分や溝、隙間の清掃にとても役に立っています。

歯ブラシ型ブラシも導入

バーテックの対応について

Q)これまでのバーテックの対応はいかがでしたか。

A)丁寧な対応でとても満足しています。衣笠さんは話を聞いていただけて、相談しやすいので、商品のことだけではなく商品選定や管理方法まで相談に乗ってもらっています。先日は、衛生管理用ほうきとフロアデッキブラシの管理・収納について、壁掛けにするか、ラックを設置したほうがいいのか聞いたところ、衛生上、壁にブラシが触れない方がいいとのことで、ラックを設置し、管理・収納することに決めました。
衣笠さんは営業担当として、他の食品工場がどのような衛生管理をされているのか知っているので相談しがいがあります。

今後のバーテックへの期待

Q)バーテックへの期待、要望があればお聞かせください。

当社では、衛生管理のレベルをさらにステップアップしていくために注力していきたいと考えています。バーテックには、ブラシの提案にとどまらず、他の食品業界の取り組みなど衛生管理に関する情報をどんどん発信してほしいですね。
バーテックでは、食品工場、医薬品工場向けに衛生管理のアドバイスを実施する工場診断を行っていると聞いています。当社もより安心・安全な商品を消費者に届けたいと考えていますので、今後とも、アドバイスと協力をお願いできればと思います。

福岡氏(右)と弊社営業部・衣笠(左)

お忙しい中、ありがとうございました。

取材日時 2015年3月
取材・執筆 カスタマワイズ

Page top