導入事例

一般廃棄物の包装容器プラスチックのリサイクルによる物流用プラスチックパレットの製造株式会社エコパレット滋賀 様

導入製品

エコパレット滋賀

豊富な規格品からの選択と、適切なヒアリングによる特注品。
バーテックが提案してくれたブラシで、
10%あった不良品が半減しました。

株式会社エコパレット氏が 製造部 松山和也氏

株式会社エコパレット滋賀は、一般家庭から出るプラスチックゴミを再生し、JIS規格対応の強度ある物流用プラスチックパレットを生産している。パレットの製造工程で、バーテックのブラシはどのように使われているのか、なぜバーテックのブラシが選ばれたのか。製造部の松山和也様に詳しくお話を伺った。

所在地:滋賀県甲賀市甲南町柑子2002番地24
設立:平成11年2月10日
従業員数:32名(正社員)(H28.3.31現在)
Webサイト:http://www.ep-shiga.co.jp/

外観写真

エコパレット滋賀

エコパレット滋賀の業態

Q)エコパレット滋賀の業態を教えてください。

A)エコパレット滋賀は、滋賀県甲賀市にあります。主な事業内容は、「一般廃棄物の包装容器プラスチックのリサイクルによる物流用プラスチックパレットの製造」です。

一般家庭から出るいわゆるプラスチックゴミは、市町村に集められ、分別・圧縮されます。エコパレット滋賀は、(財)日本容器包装リサイクル協会から委託を受け、この廃プラスチックを引き取り選別・破砕・洗浄や加熱・圧型処理等を行ってプラスチックパレットを製造します。年間で約1万3000トンの一般廃棄物を処理し、30万~32万枚のプラスチックパレットに再生します。

近年、地球環境問題に世界的な関心が集まっています。一般消費者にとって身近な環境問題の一つであるゴミについても「容器包装リサイクル法」が平成九年に本格施行されました。エコパレット滋賀では容器包装プラスチックをマテリアルリサイクルとして再生利用することにより、循環型社会の構築の一翼を担う取り組みに尽力しています。

年間で1万3000トンの一般廃棄物が、30万~32万枚のパレットに再生される

使用しているバーテックのブラシ

Q)使用されているバーテックのブラシを教えてください。

A)バーテックのブラシは、プラスチックパレットを製造する工程の主に2ヶ所で使っています。

1. バーシールブラシ

樹脂再生の際に、ドラム内で樹脂原料を洗浄・脱水します。このドラム内のメッシュ部分で目詰まりを防止するために、ドラムにバーシールブラシを取り付けています。洗濯機のドラムにブラシを取り付けているイメージです。ドラムの回転により、ブラシがドラムを掃除するわけです。

内部のドラムにバーシールブラシを取り付けている

バーシールブラシ

2. 特注品のブラシ

パレット製造の最後の過程で、出来上がったパレットを2メートルくらい落下させる部分があります。落下してくるパレットを受け止めるクッションのような役割をするブラシを、バーテックに特注で作ってもらい、取り付けています。

その他にも、設備をメンテナンスする際などに、バーテックのハンドブラシを使っています。

バーテックを知った理由

Q)では順番にお聞きします。まずドラムの目詰まり防止にバーシールブラシを取り付けているとこのことですが、バーシールブラシを取り付ける前はどうされていたんですか?

A)ドラムには元々目詰まり防止のブラシがついていました。ところがこのブラシがすぐに壊れて役割を果たさなくなってしまったのです。確かドラムの機械を入れて2-3ヶ月くらいだったと記憶しています。機械は海外製のものだったので、ブラシの交換をしてもらうよう、機械を斡旋した商社に問い合わせました。

商社もすぐに対応はしてくれたのですが、どうしても海外の機械の製造元に問い合わせる事になってしまう。そこからさらにブラシの製造元に問い合わせて・・・と遅々として話は進まなかったのです。商社も間に入って困ったのでしょう。とりあえず国内のブラシを取り付けてみてはどうかとカタログを持ってきてくれました。それがバーテックのブラシだったのです。

3社で比較検討

Q)商社に紹介されて、すぐにバーテックのブラシに決めたのでしょうか。

A)いいえ。自分でも他社と比較検討をしてみようと思いました。商社に教えられて「テクニカルブラシ」「工業用特殊ブラシ」というものがあるという事がわかったので、インターネットで検索し、バーテックを含めて3社に絞り込んで問い合わせをしてみました。

Q)他2社のそれぞれの対応はいかがでしたか。

A)1社は、なしのつぶてでした。なんの回答も得られませんでした。

もう1社からは回答は来たのですが、要領を得ないものでした。エコパレット滋賀が求めるブラシと、そのメーカーとは考え方や規格内容が根本的に違うのだなと感じました。

Q)バーテックの対応はいかがでしたか。

A)バーテックの対応はとても丁寧でした。ブラシを付けようとする機械の形態や用途等を詳しくヒアリングしてくれ、多くの既成ブラシの中から最適だと思われるバーシールをセレクトしてくれました。ブラシ自体はもちろんのこと、その対応にも満足しています。

バーテックにブラシを特注した経緯

Q)次に落下するパレットを受け止めるクッションブラシについてお伺いします。このブラシをバーテックのブラシにする以前はどうしていたのでしょうか

A)クッション的役割をするブラシについても、最初から機械に取り付けられていました。しかし、毛が短くなったり、パレットが落ちる方向に寝てしまったような状態になったりでブラシの磨耗が著しく、クッションとしての役割を果たしていませんでした。パレットの不良品率は全体で約10%もありましたが、他の製造工程ではほとんど不良品は出ませんでした。それで不良品のほぼ全てが、パレット落下時の破損によるものだと考えていました。

Q)それですぐにバーテックに相談したのでしょうか。

A)いいえ。この機械についても商社に相談していました。クッションブラシについては、カタログに同じようなものがなかった為、すぐにバーテックに相談という発想にならなかったのです。

バーテックに相談したのはどういう経緯があったのですか。

A)バーシールブラシを取り付けたことでバーテックと縁が出来、時々営業の方とお話する機会がありました。クッションブラシについても海外の機械メーカーとのやり取りがうまく行かず、困り果てて何気なく相談をしたところ、バーテックの営業の方が滋賀の工場まで来てくださいました。

特注したクッションブラシ 落下するパレットを受け止める

特注ブラシが完成するまで

Q)それから特注という話になったのですね。

A)バーテックの営業の方は、機械とそれに取り付けられているブラシを見て、問題点を正確に把握してくれました。確かに規格品に目的にかなうブラシはありませんでした。しかしすぐに見積もりと特注ブラシの提案書を出してくれました。

念の為、バーシールブラシを検討した際に比較検討したもう1社にもメールで問い合わせてみました。しかし「特注品は作れる」という回答はきましたが、こちらの問題点を正確に把握してはくれませんでした。もちろん工場まで見にも来られませんでした。

Q)それでバーテックに発注となったのでしょうか。

A)はい。バーテックの対応は非常に早かったです。私は機械のサイズ等の資料を出すだけでした。特注ブラシの制作に1ヶ月ほどの期間を要したのですが、結局相談してから納品まで2ヶ月ほどしかかかりませんでした。

バーテックのブラシを取り付けた効果

Q)バーテックのブラシを取り付けて効果はありましたか。

A)効果は大いにありました。特に特注したパレットの落下を受け止めるクッションブラシに関しては、不良品率が約半分になりました。当初全体で10%ほどあった不良品率を、5%以下にまで落とすことが出来たのです。バーテックのブラシをとりつけてから約2年になりますが、いまだにブラシの磨耗もなく、交換する必要性はありません。バーテックから最適なブラシを提案していただいた結果、耐久性が10倍以上になりました。元々取り付けてあったブラシとは毛の材質や太さ等を考慮してくれたからのようです。

樹脂原料を洗浄・脱水するドラムにとりつけたバーシールブラシに関しても、望んでいた目詰まり防止の用途は充分に果たしてくれています。わざわざ機械を止めて掃除をしなければならないようなことにはなっていません。

バーテックの利点

Q)バーテックの利点はどこにあると思われますか。

バーテックの利点は大きく言って主に4つあると思います。

1. 規格内容の充実さ

バーテックのブラシは、「テクニカルブラシ」と謳っているだけあって、その規格は工業用に適すように、実によく考えられています。どこにでもあるようなハンドブラシのような小さなものにさえ、色分けされた製造ラインごとに使えるような豊富なカラーバリエーションがあったり、機械や人を傷つけない素材が使われていたりと細かいところまで考えられています。

2. 納期の早さ

バーテックのブラシは規格品が豊富で、かつ在庫が豊富に揃っているようですから、発注してから納品されるまでが早いです。これは非常に助かりますね。また特注品についても始めの段階で問題点を正確に把握してくれるので、無駄なやり取りもなくスムーズに製作・納品してもらえます。

3. 対応の早さ、丁寧さ

バーテックの営業の方の対応の早さ、丁寧さは、私が比較した他の2社とは際立っていました。お付き合いをしていくうちに、信頼関係が深まっていくのを実感しています。

4. オリジナル的な発想

クッションブラシを特注した際に感じたことですが、バーテックはソリューションを出すために、従来のブラシ以上のものを作り出してくれます。これはブラシに関する豊富な知識や経験があればこそ、それに基づいたオリジナル的な発想ができる点にあると考えています。

「バーテックの利点は4つあると思います」と松山氏。

今後、バーテックに期待すること

Q)バーテックへの今後の期待があればお聞かせください。

A)エコパレット滋賀では、今後も新たな機械の導入等があるでしょう。また、今使っている箇所以外にも、ブラシで問題が解決できないかと考えている箇所もあります。例えばコンベアサイドに取り付けるブラシなどです。一緒に問題解決していければ、エコパレット滋賀にとっても助かりますし、コンベアを使う他社工場に売り込めるという点で、バーテックにも利点があると思います。

また、当社の使命である地球環境を考える上で、役目を終えたバーテックのブラシを回収し、エコパレット滋賀がリサイクルして新たな命を吹き込むという取り組みなどもできたら良いなと思っています。

今後も、ブラシを使って工場内の問題を解決する、地球環境を考えるというそれぞれの役割に、一緒に取り組んでいきましょう。末永くよろしくお願いします。

お忙しい中、ありがとうございました。

取材日時 2009年2月
取材・執筆 カスタマワイズ

Page top